和太鼓奏者  高木 てん







【プロフィール】
石仏好きが高じ石材屋へ入社したところ
社長が和太鼓をやっており24歳の時、初めて和太鼓と出会う。
その後、世界的和太鼓集団「TAO」に入団、
普通であればレギュラープレーヤーになるのに数年を要する研修期間だが
TAO史上初である、入団1ヶ月でレギュラーを獲得するという快挙的なエピソードを持つ。
篠笛は藤舎次生氏に師事。
3年間の在籍ののち、己の確立を目指し退団。
以後ソロ活動を開始。
ダンス、書道、民謡、三味線など様々なジャンルとのコラボや
馬頭琴奏者との朗読コンサートも行っている。
ソロプレーヤーの集団  林田ひろゆきプロデュース TAIKO JAZZ「ZI-PANG」のメンバーでもある。

2010年から開始した3年に1度、全10回のソロコンサート「こ」は自身のライフワークでもあり
己の一生をかけ和太鼓に打ち挑み続けるその強い信念と、底抜けなるハッピーパワーは、
見るものに深い感銘と、強い影響を与え続けている。
主な出演に、エディンバラフリンジフェスティバル、ヨーロッパツアー公演、北島三郎公演、
東京ガールズコレクション2010、姜文監督作品出演、ロス公演などがある。


            2004年〜2007年          DRUM TAO 

            2008年〜                      TAIKO JAZZ「ZI-PANG」 

            2010年〜                      ソロコンサート「こ」



VOL.1          VOL.2          VOL.3   


★★VOL.4は2019年10月予定★★





学校公演・企業様イベント・各種コンサート・舞台など、あらゆるシーンに対応いたします。
まずはお気軽にメールにてご相談ください。